結婚式のファッションコーデ

結婚式のファッションコーデは、最重要な事があります。

 

それは自分が主役ではなく、主役が別にいて、お祝いをすることであり、

 

自身は脇役でなくてはならないと言うことです。

 

だからといって、あまりにみすぼらしいかっこもできないので、それにふさわしいものを選ぶことが大切です。

 

それでも困ってしまうのが“平服”ということばです。

 

結婚式の招待状に『平服でお越しください』と書いてあった場合とても困る人がいます。

 

平服というキーワード実は簡単な用で難しかったりします。

 

単純に言うと平服とは普段着のことですが、さすがに結婚式で着慣れたカジュアルファッションという訳にはいきません。

 

もちろん、普段着の感覚は人によって違うものですので、単純には決められず、コウだと言うのは難しいですが・・。

 

いつもジャケットを着ている人もいれば、ジーンズにTシャツという人もいますからね。

 

もうどうせならば、結婚式によんでくれた相手にとせんな服で行けばいいか聞いてみるのが手っ取り早いかもしれません。

 

なんでもいい、と言われたら、どんな人が出席するのか、会場はどんな所かなどを聞き、そこから結婚式当日のファッションを決めましょう。

 

例えば友人だけを招待する結婚式なら、ジャケットにキレイめのジーンズでも構わないでしょうし、新郎新婦の両親もいるのならやはりスーツが妥当。

 

会場がオシャレなレストランだったら、最低限のドレスコードはあるでしょうから、それに沿ったものでなければなりません。

 

服がない場合は、そのためだけに飼うのももったいないので、レンタルという方法もあります。

 

コーディネートしてレンタルしてくれるというサービスもあったりしますよ。

ページの先頭へ戻る